『37度で免疫力が上げる』世界で初めて解明されました

病原体の退治は体温37度から

あなたの体温は何度ですか?

体温が1℃下がると、免疫力は30~40%低下する

と言われています。

「冷えは万病の元」とも言いますね

 

では、人の体温をあげるものには何があるのだろうか

 

身体を温める食材を摂ったり、白湯を飲んだり…

ウォーキングやスクワットなどをして筋肉の代謝を高めたり…

40度のお風呂に10分浸かったり…

 

体温は、身体のバロメーターと言えます

 

現代の生活では
便利な時代になり何不自由なく過ごすことができていることが
体温に影響しているかもしれません

 

そこで今日は

大阪大学の研究グループの研究で

世界で初めて解明したという記事をご紹介いたします!

 

————————————————————————

大阪大学の研究グループ 大阪大学医学系研究科

藤原祐一郎助教(生理学)

岡村康司教授らのグループが

“病原体の退治は体温37度から”と

世界で初めて解明しました

 

  • 病原体の退治は体温37度から

   ∟37度で免疫力が上がることを発見

 

  • 大阪大が生体防御の仕組みを解明

   ∟活性酸素と水素イオンの組み合わせ

   ∟活性酸素を使って異物を殺すが、活性酸素を作るには水素が必要

 

  • 温度を感じて、水素イオンの量を調整

   ∟自身の細胞を毒性の強い活性酸素から守る

   ∟体温で調整

 

インフルエンザなどの病原体に感染した際に、

体温が37度まで上がると、

血液の中で病原体を殺す活性酸素が作られ、

それを治そうとする仕組みが働き始めることがわかりました。

 

引用先
http://www.spring8.or.jp/ja/news_publications/research_highlights/no_67/

大阪大学医学系研究科の

藤原祐一郎准教授と

岡村康司教授

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年12月9日
「水素ガス吸引療法」が厚生労働省の最先進医療として認可される。

https://www.mhlw.go.jp/content/10808000/001120155.pdf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NHKでも取り上げられました!

体温を上げることの大切さ、
身体の中でたくさんの細胞が働いていることが分かりました。

身体が働くメカニズムが分かると、免疫力を上げるために
食べる物や、運動、睡眠など意識できそうですね!

 

#大阪大学 #藤原祐一郎 #体温37℃で免疫力アップ #活性酸素 #水素吸入 #水素吸引

関連記事

PAGE TOP